2007年11月03日

ジャパネットたかたの21世紀戦略

企業家倶楽部2007年12月号、27日に発売!

双方向性の高い通販番組。その実現に向けて、07年6月に中継車による生中継テレビショッピングをスタートした。「中継車で日本各地のお客様のもとへお伺いして、商品購入後の生活や感動を一緒に伝えたい」と高田は言う。

 例えば、デジカメを購入した顧客の自宅に伺い、思い出の写真を見せてもらう。その喜びを顧客に語ってもらえれば、その感動は日本全国に行き渡る。ジャパネット長崎号、ジャパネット北海道号という風に各都道府県に中継車を配備し、テレビやラジオ、ネットなどを通じて生放送することが目標だ。

 ハイビジョンの中継車で全国の農作物や名産品を紹介すれば、商品のラインナップも増えていく。「『デジタル機器に強いジャパネット』というイメージが強すぎて、商材を増やせないのが悩みの種だった」とメディア企画制作本部部長の浦明美は打ち明ける。中継車があれば、その悩みも解決できる。

 韓国の通販業界では、自動車も販売する。「日本の通販業界で法律などの環境が整えば、車でも家でも何でも販売していきたい」と高田。

 ただし商品の選定は厳選する。ネット通販では無限に近い商品数を販売することもできるが、何でも売るわけではない。実際、ジャパネットたかたは通販業界では取扱商品数は少なく、数十種類の商品が売上高の多くを占めている。商品数を増やせば、売上高を飛躍的に伸ばすことが可能だ。しかしそれでは一つ一つの商品に対して責任を持てなくなる。

 「自分たちが伝えたいと思う商品だけを伝えます。ジャパネットたかたの企業理念から外れることは一切しません」
(企業家ネットワーク)
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットコラム

2007年10月13日

ジャパネットたかた 売上高一千億円を達成

東京商工リサーチ福岡支社は四日、二〇〇六年度九州・沖縄地区の小売業売上高ランキング(年間売上高五十億円以上)を発表。通信販売業のジャパネットたかた(佐世保市)が八位となり、本県企業としては初のベストテン入りを果たした。本県の該当企業は昨年度と同じ顔触れで十一社だった。

 全体の該当企業数は前年度比二社減の百六十九社で二年ぶりに減少。売上高は同2・1%増の四兆九千九百四十七億円で五年連続の増収となった。同支社は「百貨店は苦戦が続いているものの、ホームセンター・ディスカウントストア、専門店が全体の売上高を押し上げた」としている。

 売上高トップは九年連続のベスト電器(福岡市)で、前年度比0・7%増の三千四百十一億八千六百万円。イオン九州(同)、ナフコ(北九州市)、サンリブ(同)、トライアルカンパニー(福岡市)がこれに続いた。四位までの順位は昨年と同じ。五位のトライアル社は同23・4%増の一千三百八億八千五百万円で八位から順位を上げた。

 ジャパネットたかたは、薄型テレビや高級家電などの販売が好調に推移し前年度比19・2%増の一千八十億六千五百万円。売上高一千億円を達成するとともに、本県企業では一九九九年度以降、八年連続で首位をキープした。

 本県企業十一社のうち、増収は四社、減収が五社、二社が増減なし。該当企業の県別売上高増加率はジャパネットたかたの増収(百七十四億円)が大きく寄与し本県が同7・3%増でトップとなった。
(長崎新聞)
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットコラム

2007年10月05日

ジャパネットたかた高田明さん

ジャパネットたかたは今や売上高1080億円(2006年12月)を
誇るわが国最大級の通販会社。
創業者の高田明さんはパソコンや デジカメという
「機械モノ」を通信販売を武器として販路を拡大。
金利は全額販売側負担、納入前の対応と処理、徹底した
アフターサービスという新機軸のネッ トを全国に構築してきた。
その手腕はただ者ではない。

2004年3月、「40万人の情報漏えい事件」の直後、
ジャパネットたかたは素早く営業を自粛、高田社長自身も
しばらくテレビ画面から遠ざかっていた。

今朝もテレビ画面から、高田社長の甲高い声が流れ、
カラオケマイクを手にする姿が見られる。
いずれは中国、韓国からアジア諸国に雄飛する日も
近いのかもしれない。
(オーマイニュース)
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットの歴史

2007年10月02日

ジャパネットたかただって地方の小さな会社にすぎなかったわけですよ。

セールスフォース・ドットコム宇陀社長の談話。

SMB(中小企業)2.0の時代に顧客とともに成長する


小川浩のネットショッキングに、ジャパネットの話題が載っていました。

宇陀 栄次(うだ えいじ)
株式会社セールスフォース・ドットコム 代表取締役社長

慶應義塾大学法学部卒
日本アイ・ビー・エム株式会社 大手担当の営業部長、社長補佐、製品事業部長、理事・事業部長など法人系IT会社の社長を歴任
現在、米国salesforce.com Senior Vice President(上席副社長) 兼 株式会社セールスフォース・ドットコム代表取締役社長


宇陀氏

米国なら優秀な人間は起業するか、ベンチャーに入りますけどね。
日本では優秀な学生ほど官僚とか
大企業にいきたがるのはなんでですかね。
最近は少しその状態が変わってきた気もしないではないですけど。
松下幸之助とか本田宗一郎とか、盛田昭夫のような、
若い頃からの起業家が出てくるとね、いいんですけどね。
日本にもそういう素地はあるとは思うんですけどねえ。

ジャパネットたかただって地方の小さな会社にすぎなかったわけですよ。

みなさん最初は小さいところからスタートしている。

そのとおりですね。
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットコラム

2007年09月16日

ジャパネットは大変な金利・手数料を負担してきました(ニコニコ動画)

ニコニコモバイル フルオープン!
今ご登録いただくと、24時間お使いいただけます!
マイリスト登録数ランキングや、時間潰しに最適な
ショート動画をお知らせする『ニコニコ通信』も配信中!!

ニコニコ動画 ジャパネットたかたOP

ジャパネットたかた OP
リニューアルして、凄く平和っぽくなりました。
最近はハイビジョンバージョンも見かけるようになりました。


ニコニコ市場:ニコニコ市場とは、動画に関連した商品を自由に
追加することができるサービスです。

商品の追加はどなたでも可能です。
(削除は動画投稿者またはプレミアム会員のみ自由に可能、
一般会員は自分が追加した商品のみ)
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットコラム

2007年09月11日

ジャパネットたかた 思わず買いたくなる“しゃべり”の秘密

今夜も様々な通販番組をやっていました。

いつものことながら、見入っている自分は
いいお客様なのでしょうね(>_<)

今日、印象に残ったのはノートパソコン
ジャパネットオリジナルモデルというスペックのもの。

私は多少パソコンに詳しいので性能を第一に考えますが
スペックと値段を比較すると少しだけ価格が高く感じます。

液晶やHDDのスペックを従来の商品より若干下げてあるので
普通の事務的な作業をするだけでしたら全く問題ないと思います。

ノートパソコンってずいぶん売れているようですね。
普通の電気屋(ヤマダ電機やコジマ電気など)で売っているPCは
目で見て触れることが長所だと思いますが、
高田社長の話術がそれを十分補ってくれているから素晴らしい!!


ジャパネットたかた社長の本を発見。
(残念ながら直筆ではないようですが)


ジャパネットたかた社長の秘密ジャパネットたかた思わず買いたくなる
“しゃべり”の秘密―営業マン必見!
TVショッピングから使える仕事のワザを盗め!




ジャパネットで買い物を経験された方だけでなく、その他通販番組で購入の経験があれば、かなり興味があるはず。

私も興味があるので早速購入してみました。
自分があのテクニックを身に付けられるとは思えませんが
どうしても本質が知りたいというのか、とても気になるのです。
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットコラム

2007年09月03日

アイキャスト、「ジャパネットスタジオ242」を拡充

ジャパネットのショッピング情報は、各局で見かけることが
多くなりましたが、オンデマンドTVで放映が開始されるそうです。

今回、定額2,100円/月(税込)でご覧いただける
ベーシックチャンネルに追加されるのは、
韓国総合エンターティンメントチャンネル
『KBS WORLD』と、新鮮でお得な情報盛りだくさんの
ショッピングチャンネル『ジャパネットスタジオ242』です。
別途料金をお支払いいただくことでご覧いただける
プレミアムチャンネルに追加されるのは、
世界のクラシック音楽を堪能できる国内唯一のクラシック音楽
専門チャンネル『クラシカ・ジャパン』です。

今回の追加でベーシックチャンネルは33ch、
プレミアムチャンネルは13ch、専門チャンネル総計46chとなります。
 また、プレミアムチャンネル『クラシカ・ジャパン』の
放送開始と同時に、「チャンネル・オンデマンド」サービス
『クラシカ・ジャパン・オンデマンド』の提供を開始いたします。

「チャンネル・オンデマンド」とは、「オンデマンドTV」が
展開する放送と連動したビデオ・オン・デマンド(VOD)
サービスで、
『クラシカ・ジャパン(月額2,835円/税込)』に
ご加入いただいたお客様が、『クラシカ・ジャパン』で
放送された番組をVODで視聴できるサービスです。
VOD作品として提供されるタイトルは、提供期間中であれば、
いつでも好きなときに何度でもご覧いただけます。
さらに、『クラシカ・ジャパン・オンデマンド』の一部作品は
ハイビジョン映像でご視聴いただけます。

なお、『クラシカ・ジャパン』がIPTV事業者向けに、
放送したタイトルをVODサービスとして提供するのは、
『オンデマンドTV』が初めてとなります。

『オンデマンドTV』は、幅広い世代のお客様にお楽しみ
いただけるサービスを目指し、今後もバラエティに富んだ
ジャンルのチャンネルやVOD作品を取り揃えてまいります。

(日経プレスリリース)
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットコラム

2007年09月01日

「北九州中継センター」10月にオープン予定

佐川急便「北九州中継センター」10月にオープンを予定しますね。
ジャパネットたかたもここに入居する予定です。

佐川急便(栗和田榮一社長、京都市南区)は10月、
新北九州空港の近くに「北九州中継センター」(仮称)を
オープンする。

首都圏と九州の間で増加している通販関連や地元名産品、
生鮮食品などの貨物輸送需要への対応を図る。

新センターは、福岡県京都郡苅田町に建設。
2万3526平方mの敷地に4階建て
(延べ床面積4万2172平方m)の建物。

九州発着荷物の集約拠点となるハブセンターに加え、
商品の入荷から出荷までの物流業務を総合的に請け負う
3PL機能と、SGホールディングスグループの航空貨物会社
「ギャラクシーエアラインズ」の航空輸送機能を
組み合わせることで、ワンストップサービスを提供する。

「リードタイム短縮によるトータルロジスティクスの実現を目指す」という。

施設内の物流センターには、既にジャパネットたかたの
入居が決定している

(物流ウィークリー)

なんだかどんどん大きくなっています。
もう長崎のイメージはなくなってしまいましたね。
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットコラム

ジャパネットたかた テレビショッピングのMC

今日のテレビショッピングのMCは高田社長、
ジャパネットたかた社員の塚本慎太郎と中島一成が務めていました。

この3人がそろうと何だか安心してしまうのは
私だけではないでしょう。

民放の地上波・BS各局で放送されるテレビショッピングでは
この3人を中心に、月に数回、取扱商品を変えて放送する。

CS放送のスカイパーフェクTV!では自社テレビ局
「ジャパネットスタジオ242」を開設。

塚本、中島をメインに1人の男性MC(浦川康介)
2人の女性MC(平田奈緒美・本多由美子)を加えて
放送を行っており、CS放送に高田社長が登場するのは年数回程度。

当初テレビショッピングの収録には福岡市にある
スタジオを使用していた。
しかし制作会社に頼むと1ヶ月かかるため、
高田社長のコメントによると
「スピードの速い今の世の中で1ヶ月は時間がかかりすぎる」
ため、迅速に放送ができるように佐世保市の
本社敷地内にテレビスタジオを設置した。

通販番組を全国の各放送局に配信するための
テレビ番組制作用スタジオが3つと
ラジオ番組制作用スタジオがある。

高田社長をイメージして作ったキャラクターミスターJは、
同社のテレビショッピング番組のオープニングにCG化された
“ミスターJ”がダンスをするシーンで有名。
同社キャンペーン用の携帯ストラップとして商品化されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットコラム

ジャパネットの歴史

ジャパネットたかた(ジャパネットたかた)は、
長崎県佐世保市に本社のある通信販売業最大手企業です。

いまやテレビCMだけでなく、30分くらいの通販番組を
よく見かけます。

高田明社長の話がいいんですよ。

固すぎず、軟らかすぎず。

ジャパネットといえば、あの会社だなってすぐ閃く。
そんな会社ってあまり無いですよね。

高田明・塚本慎太郎・中島一成 の3人からは目が離せません!!


1986年1月に現社長で創業者の高田明が、1971年に大阪経済大学経済学部を卒業後、別の民間企業への就職を経て、1974年に入社した実父の経営するカメラ販売店「有限会社たかたカメラ」から、独立し設立した「株式会社たかた」が前身。そして、1999年現社名に変更。この現社名は「日本全国ネット」という「ジャパンネット」ではインパクトがなく、「ジャパネット」で社長が納得したことからつけられた(社長が出演したテレビ番組、カンブリア宮殿にて)。会社の建物は、佐世保市三川内町に現存している。

1990年代に入り通信販売事業を展開(1990年ラジオ通販開始。1994年テレビ通販開始)。テレビ、ラジオ、新聞の折込広告などのメディア戦略で通信販売業のトップに君臨する企業に成長していった。特にテレビ通販の場合、タレントとともに社長自らも出演し商品を誠実さを強調した独特の口調で判りやすく解説することで購買意欲を高めた。

社員の平均年齢は27〜28歳。長年、地元の高校生を中心に雇用してきたが、規模の拡大に社内組織が追いつかず、最近では全国規模での採用を始めている。

ウィキペディア(Wikipedia)
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットコラム