2007年10月05日

ジャパネットたかた高田明さん

ジャパネットたかたは今や売上高1080億円(2006年12月)を
誇るわが国最大級の通販会社。
創業者の高田明さんはパソコンや デジカメという
「機械モノ」を通信販売を武器として販路を拡大。
金利は全額販売側負担、納入前の対応と処理、徹底した
アフターサービスという新機軸のネッ トを全国に構築してきた。
その手腕はただ者ではない。

2004年3月、「40万人の情報漏えい事件」の直後、
ジャパネットたかたは素早く営業を自粛、高田社長自身も
しばらくテレビ画面から遠ざかっていた。

今朝もテレビ画面から、高田社長の甲高い声が流れ、
カラオケマイクを手にする姿が見られる。
いずれは中国、韓国からアジア諸国に雄飛する日も
近いのかもしれない。
(オーマイニュース)
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットの歴史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5724784
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック