2007年10月02日

ジャパネットたかただって地方の小さな会社にすぎなかったわけですよ。

セールスフォース・ドットコム宇陀社長の談話。

SMB(中小企業)2.0の時代に顧客とともに成長する


小川浩のネットショッキングに、ジャパネットの話題が載っていました。

宇陀 栄次(うだ えいじ)
株式会社セールスフォース・ドットコム 代表取締役社長

慶應義塾大学法学部卒
日本アイ・ビー・エム株式会社 大手担当の営業部長、社長補佐、製品事業部長、理事・事業部長など法人系IT会社の社長を歴任
現在、米国salesforce.com Senior Vice President(上席副社長) 兼 株式会社セールスフォース・ドットコム代表取締役社長


宇陀氏

米国なら優秀な人間は起業するか、ベンチャーに入りますけどね。
日本では優秀な学生ほど官僚とか
大企業にいきたがるのはなんでですかね。
最近は少しその状態が変わってきた気もしないではないですけど。
松下幸之助とか本田宗一郎とか、盛田昭夫のような、
若い頃からの起業家が出てくるとね、いいんですけどね。
日本にもそういう素地はあるとは思うんですけどねえ。

ジャパネットたかただって地方の小さな会社にすぎなかったわけですよ。

みなさん最初は小さいところからスタートしている。

そのとおりですね。
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットコラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5683139
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック