2007年09月01日

「北九州中継センター」10月にオープン予定

佐川急便「北九州中継センター」10月にオープンを予定しますね。
ジャパネットたかたもここに入居する予定です。

佐川急便(栗和田榮一社長、京都市南区)は10月、
新北九州空港の近くに「北九州中継センター」(仮称)を
オープンする。

首都圏と九州の間で増加している通販関連や地元名産品、
生鮮食品などの貨物輸送需要への対応を図る。

新センターは、福岡県京都郡苅田町に建設。
2万3526平方mの敷地に4階建て
(延べ床面積4万2172平方m)の建物。

九州発着荷物の集約拠点となるハブセンターに加え、
商品の入荷から出荷までの物流業務を総合的に請け負う
3PL機能と、SGホールディングスグループの航空貨物会社
「ギャラクシーエアラインズ」の航空輸送機能を
組み合わせることで、ワンストップサービスを提供する。

「リードタイム短縮によるトータルロジスティクスの実現を目指す」という。

施設内の物流センターには、既にジャパネットたかたの
入居が決定している

(物流ウィークリー)

なんだかどんどん大きくなっています。
もう長崎のイメージはなくなってしまいましたね。
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 03:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットコラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5282098
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック