2007年09月01日

ジャパネットの歴史

ジャパネットたかた(ジャパネットたかた)は、
長崎県佐世保市に本社のある通信販売業最大手企業です。

いまやテレビCMだけでなく、30分くらいの通販番組を
よく見かけます。

高田明社長の話がいいんですよ。

固すぎず、軟らかすぎず。

ジャパネットといえば、あの会社だなってすぐ閃く。
そんな会社ってあまり無いですよね。

高田明・塚本慎太郎・中島一成 の3人からは目が離せません!!


1986年1月に現社長で創業者の高田明が、1971年に大阪経済大学経済学部を卒業後、別の民間企業への就職を経て、1974年に入社した実父の経営するカメラ販売店「有限会社たかたカメラ」から、独立し設立した「株式会社たかた」が前身。そして、1999年現社名に変更。この現社名は「日本全国ネット」という「ジャパンネット」ではインパクトがなく、「ジャパネット」で社長が納得したことからつけられた(社長が出演したテレビ番組、カンブリア宮殿にて)。会社の建物は、佐世保市三川内町に現存している。

1990年代に入り通信販売事業を展開(1990年ラジオ通販開始。1994年テレビ通販開始)。テレビ、ラジオ、新聞の折込広告などのメディア戦略で通信販売業のトップに君臨する企業に成長していった。特にテレビ通販の場合、タレントとともに社長自らも出演し商品を誠実さを強調した独特の口調で判りやすく解説することで購買意欲を高めた。

社員の平均年齢は27〜28歳。長年、地元の高校生を中心に雇用してきたが、規模の拡大に社内組織が追いつかず、最近では全国規模での採用を始めている。

ウィキペディア(Wikipedia)
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットコラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5282063
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック