2007年10月13日

ジャパネットたかた 売上高一千億円を達成

東京商工リサーチ福岡支社は四日、二〇〇六年度九州・沖縄地区の小売業売上高ランキング(年間売上高五十億円以上)を発表。通信販売業のジャパネットたかた(佐世保市)が八位となり、本県企業としては初のベストテン入りを果たした。本県の該当企業は昨年度と同じ顔触れで十一社だった。

 全体の該当企業数は前年度比二社減の百六十九社で二年ぶりに減少。売上高は同2・1%増の四兆九千九百四十七億円で五年連続の増収となった。同支社は「百貨店は苦戦が続いているものの、ホームセンター・ディスカウントストア、専門店が全体の売上高を押し上げた」としている。

 売上高トップは九年連続のベスト電器(福岡市)で、前年度比0・7%増の三千四百十一億八千六百万円。イオン九州(同)、ナフコ(北九州市)、サンリブ(同)、トライアルカンパニー(福岡市)がこれに続いた。四位までの順位は昨年と同じ。五位のトライアル社は同23・4%増の一千三百八億八千五百万円で八位から順位を上げた。

 ジャパネットたかたは、薄型テレビや高級家電などの販売が好調に推移し前年度比19・2%増の一千八十億六千五百万円。売上高一千億円を達成するとともに、本県企業では一九九九年度以降、八年連続で首位をキープした。

 本県企業十一社のうち、増収は四社、減収が五社、二社が増減なし。該当企業の県別売上高増加率はジャパネットたかたの増収(百七十四億円)が大きく寄与し本県が同7・3%増でトップとなった。
(長崎新聞)
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットコラム

2007年10月05日

ジャパネットたかた高田明さん

ジャパネットたかたは今や売上高1080億円(2006年12月)を
誇るわが国最大級の通販会社。
創業者の高田明さんはパソコンや デジカメという
「機械モノ」を通信販売を武器として販路を拡大。
金利は全額販売側負担、納入前の対応と処理、徹底した
アフターサービスという新機軸のネッ トを全国に構築してきた。
その手腕はただ者ではない。

2004年3月、「40万人の情報漏えい事件」の直後、
ジャパネットたかたは素早く営業を自粛、高田社長自身も
しばらくテレビ画面から遠ざかっていた。

今朝もテレビ画面から、高田社長の甲高い声が流れ、
カラオケマイクを手にする姿が見られる。
いずれは中国、韓国からアジア諸国に雄飛する日も
近いのかもしれない。
(オーマイニュース)
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットの歴史

2007年10月02日

ジャパネットたかただって地方の小さな会社にすぎなかったわけですよ。

セールスフォース・ドットコム宇陀社長の談話。

SMB(中小企業)2.0の時代に顧客とともに成長する


小川浩のネットショッキングに、ジャパネットの話題が載っていました。

宇陀 栄次(うだ えいじ)
株式会社セールスフォース・ドットコム 代表取締役社長

慶應義塾大学法学部卒
日本アイ・ビー・エム株式会社 大手担当の営業部長、社長補佐、製品事業部長、理事・事業部長など法人系IT会社の社長を歴任
現在、米国salesforce.com Senior Vice President(上席副社長) 兼 株式会社セールスフォース・ドットコム代表取締役社長


宇陀氏

米国なら優秀な人間は起業するか、ベンチャーに入りますけどね。
日本では優秀な学生ほど官僚とか
大企業にいきたがるのはなんでですかね。
最近は少しその状態が変わってきた気もしないではないですけど。
松下幸之助とか本田宗一郎とか、盛田昭夫のような、
若い頃からの起業家が出てくるとね、いいんですけどね。
日本にもそういう素地はあるとは思うんですけどねえ。

ジャパネットたかただって地方の小さな会社にすぎなかったわけですよ。

みなさん最初は小さいところからスタートしている。

そのとおりですね。
posted by ジャパネットとジャパメルが大好き at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャパネットコラム